マンションを賃貸に出すときの心構えと必要経費

定期借家契約は借り手が見つかりにくい

貸し主よりも借り主を優先する決まりが多い定期借家契約は借り手が見つかりにくい多くの専門的知識を必要とする

 ただし、あらかじめ三年だけなどと決まっている定期借家契約では、通常の家賃相場で貸せなかったり、なかなか借り手が見つからないケースもあります。
これは当然のことで、最初から二年だけ、三年だけと決まっている物件には手が出しにくいものです。
不利になる理由についてもきちんと理解した上で、普通借家契約にするのか、定期借家契約にするのかを決めてください。
 賃貸に出すと決めたなら、他にもやらなければならないことがあります。
それにはある程度の費用もかかるので、あらかじめ覚悟しておく必要があるでしょう。
 まずは部屋のリフォームをしなければなりません。
賃貸に出して家賃をもらうのですから、ある意味では商売をするのと変わりません。
事前に必ずプロによるハウスクリーニングをしてもらい、必要に応じたリフォームをしてもらいます。
 つい自分では綺麗に使っているから大丈夫などと思ってしまいがちですが、そこはきちんとプロの目で見てもらう方が、後々トラブルなどが起こりにくいのでお願いしてください。
 給湯器やキッチン、換気扇など、壊れていたり調子の良くない設備があれば、取り替えておく必要があります。

マンション 賃貸に出す家具・家電付!松山大学・愛媛大学の学生さんにおすすめの1K賃貸マンションクリオ