マンションを賃貸に出すときの心構えと必要経費

貸し主よりも借り主を優先する決まりが多い

気に入って購入したマンションでも、転勤が決まったり、実家に戻るなどの理由で、賃貸に出すことがあるかもしれません。
その場合には、将来的にはその部屋をどうするのかというビジョンをきちんともっておくべきです。
 もっとも注意する必要があるのが、転勤などが理由で、2~3年間だけ貸して、その後はふたたび、そのマンションに戻ってきたい場合です。
しかし、一度賃貸に出してしまうと、貸し主の都合だけでいつでもやめるわけにはいかなくなります。
 よく「正当な事由」があれば、賃貸をやめられると考えている人がいますが、それはかなりめずらしいケースだと認識してください。
契約更新のときに、賃貸をやめればよいのではないかと思うでしょうが、実はこれも難しいのです。
 賃貸物件においては、法律上、さまざまな場面で、貸し主よりも借り主を優先させる決まりが多く、借り主の方から契約を解除してもらわなければ、自分の持ち家であっても住むことができないのです。
その点については割り切って、借り主が解約してくるまでは、家賃収入があるので、その間は自分たちが賃貸物件に住んで、解約になるまで待つという方法を取るしかありません。
 それがどうしても待てないのであれば、最初から定期借家契約を結ぶことです。
これであれば、二年とか三年とかあらかじめ都合の良い期間を決めて貸すことができるので、転勤の期間が決まっている人にとっては好都合でしょう。

貸し主よりも借り主を優先する決まりが多い定期借家契約は借り手が見つかりにくい多くの専門的知識を必要とする